コアスタッフ紹介

NPO iPledge・ごみゼロナビゲーションチームのメンバー(コアスタッフ)紹介です。

羽仁 カンタの写真
羽仁 カンタ(カンタ)

ごみゼロナビゲーション事業部 統括責任者(企画立案、進行管理、対外的な交渉、予算管理、スタッフコーディネイト、育成など) A SEED JAPAN 理事 (A SEED JAPANの運営、経営、人材育成、使命の遂行など)

97年より自宅の屋根にソーラーパネルを設置。自宅の年間電気消費量75%を自家発電でまかなっています。界面活性剤が入っている洗剤は使用しません。(そもそもお皿洗いに洗剤は使用しない!)電化製品は、値段ではなく消費電力の低さで買うことを心がけています。 区議会、知事選、参議院選、衆議院選など選挙には必ず行きます。

イベント会場全体がクリーンで、ピースな空間になること。全ての人の自発性を信じています。全ての参加者が自主的に参加して、運営され、環境に配慮したイベントを形に変えていきたい。特に野外フェスティバルなどで、もっともっと仕掛けを作り、より参加型なイベントにしていきます。音楽や環境系のイベントにとどまらず、全ての野外イベントにて「来場者参加型」の考え方を導入していきたい。また、アーティストのコラボレーション企画や、リユース事業などもてがけていき、多角的な環境面からのメッセージ発信をしていきます。「食べていける環境活動」を目指して、有給スタッフの雇用・コーディネートを行い、社会変革を志しながら、自立できるスタッフを増やしていきたいです。また、有給・無給にかかわらず、志の高い青年たちの人材育成にも力を入れていきます。

     
小高 麗奈の写真
小高 麗奈(れなぴょん)

ボランティアケア、Dish Reuse System

高くても質の良い物を選択し、長く大切に使う。マイタンブラー、マイカトラリーを持ち歩く。家族で食卓を囲んで、母が作ったご飯を食べる時間をなるべく多く取れるようにする。

人を笑顔にする仕事がしたい。常に本質は何かを問い続ける人間になりたい。思いやりのある社会を作りたい。新婚旅行で大好きなフィンランドへオーロラを見に行きたいです。

原 一織(いおり)の写真
原 一織(いおり)

ecoアクションキャンペーン

電気消し魔。ソーラーパネルがついているので、お湯と家は太陽光で温める。自宅で出た生ゴミを堆肥化、コンポストを実践するつもり!

食と農から環境にアプローチする。誰もが行う「食べる」ことを通して、世界にあるたくさんの問題を解決していくための一人一人の選択、やり方を提案することをしてみたい。あと、温かい家庭を築く。


濱中聡史の写真
濱中 聡史(さとし)

マイ食器・マイボトルを持ってフェスに行こう!、リユース食器の導入、イベント主催者との調整、WEBサイト制作、レイヴパーティでの活動、活動に必要な物を手作り。

ペットボトル買わない。ちょっと高くても長く使える物を買い長く使う。自転車でなるべく移動する。MY食器を持ってフェスに行く!MYボトルにコーヒーを入れて普段から持ち歩く。

お客さんもスタッフも近くに住んでいる人も色々な人を巻き込む複合的なキャンプ場を営む事。

松浦伸恵(ぼぶえ)の写真
松浦 伸恵(ぼぶえ)

ごみ・資源分別ナビゲート

ものを長く使い続ける。大切にする。本当に必要なのか考えて、ものを買う。衣類は、古着を買う。フェアトレードのものを買う。自分のペースで、環境に良いものに切り替えてます。

自然、ファッション、音楽の繋がること、ものに関わっていきたい。笑顔でいっぱいの世の中にしたい。旅がしたい。たくさんの人と出会って、パワーを分けてもらう!そしてパワーを与えられる人になりたいな。

佐々木 健人の写真
佐々木 健人(けんと)

ごみ・資源の分別ナビゲート

ものを大切に扱う。安かろう悪かろうではなく、少し値がはっても自分でこだわりを持った物を使用する。愛着を持ち長く使用し壊たれら捨てるのではなく、修理したり、人にあげたり、リサイクルする事を心がける。

日本の伝統産業の活性化。今日本で生産されている工芸品を作る人、いわゆる職人の後を継ぐ人が数少なくなってきているので、僕が職人にならないにしても何らかの形(ex.流通や広告、雇用の改善など)で支援ができるようになりたい。

普段はゆったりしていますが、やるときはやる男、、、だと思います。よろしくおねがいします。

富沢一尊の写真
富沢 一尊(トミー)

ecoアクションキャンペーン

水は出しっぱなしにしないで大切に使う。紙は無駄に使わない、最近はレシートも裏紙として使ってます。コンセントはまめに抜く!

社会科の教員になりたい!それまでに新しいことに挑戦していろいろな経験をしたい。自信をもって人に教えられる人になりたい。

山下 波瑠菜(はるな)の写真
山下 波瑠菜(はるな)

ごみ・資源の分別ナビゲート

簡単な事だけど、必要なものを必要な量だけ買う。最近はフェアトレード商品を積極的に買ったり、グリーン・コンシューマーを心がけて買い物をしています。

将来やってみたいこと:物事の本質を見極められる人になりたい。受身じゃなくて、自分の頭で考える行動力のある人になる。あと、マナティと泳いでみたい!

江口 晴彦の写真
江口 晴彦(こゆき)

ボランティアケア、Dish Reuse System

家でフライパンなど洗う時、汚れものは古布や古新聞を使う。

アウトドア面からか、農業面からか新潟の自然環境の保全に関わる。地元新潟の音楽イベント/フェスティバルに関わり地域の活性化!!。 MTB(マウンテンバイク)で山と遊ぶ。

1)	そう手 貴大の写真
そう手 貴大(たかひろ)

ボランティアケア、備品

人工的に作られたエネルギーに頼らず、なるべく自分の体のエネルギーを使うことを意識しています。具体的には、通学ではバスを使わず徒歩や自転車を利用したり、またエレベーターは使わず階段を選ぶ、など。2駅くらいは、時間に余裕があるときは歩いて移動します。

何事にも、全力で挑戦し続ける人生にしたい。仕事も遊びも。将来的には、途上国の低所得者層の生活水準の向上と、企業の利益追求を両立できるビジネスを作りたい。あと大学生の間に、フルマラソンで3時間を切りたい!

北ノ園 千紗(ちさ)の写真
北ノ園 千紗(ちさ)

ボランティアケア

使わない電気は消す。水の出しっ放しはしない。家にいるときはなるべく冷暖房使わない。まずはできることからやっています。最近かわいいタンブラーを買って、大好きな紅茶を入れて持ち歩いています。買い物で何を買うにしても「使わなくなってしまうかも」と思ってしまったら買わない。ずっと使い続けられるものを選ぶようにする。

ここ最近、やっぱり自分は「人」が好きなんだと感じているので、常に人と関わっていられるようなことを続けていきたいです。

畠中 勇輝の写真
畠中 勇輝(ゆうき)

ごみ・資源の分別ナビゲート

衣類に関しては、基本的に古着を買っています。必要のない物は買わない、中古の物をなるべく買うなどして、reduce、reuseを心がけています。又、環境についての学習をし、リサイクルシステムなどを理解した上で行動するように心がけています。

環境を技術面から支えられる仕事に就きたい。世界のことをもっと知るために様々な視点から考え、行動して行きたい。

野澤大樹の写真
野澤 大樹(だいき)

ごみ・資源の分別ナビゲート

ごみのポイ捨て、未分別は初対面の人でも注意する

地元、滋賀県の活性化に貢献する、老後は琵琶湖の湖畔でペンション経営したい

田澤 萌の写真
田澤 萌(もえ)

ごみ・資源の分別ナビゲート、Dish Reuse System、制作、備品

物は長く使って、むやみに買わない。結構どこでも歩いていく、食材は隅々まで使って料理します。

海外もだけど、日本国内の素敵なところに行く(白神山地、高野山など)。南の島に住みたい。何事も楽しく。やりたいことはやる、欲しいものは手に入れる。自分のBarカウンターを持つ。

清水 美希の写真
清水 美希(ずっちゃん)

ボランティアケア

なるべくコンビニ等でご飯を購入せず、お弁当を作って持ち歩く。最近は自宅で栽培できる身近な野菜(かいわれ、オクラ、大根等)を作り始めました。

著作権や特許に興味があり、知的財産法を勉強中です。

来未(黄)亜有の写真
来未(黄)亜有(ゆちょん)

ごみ・資源の分別ナビゲート

買い物する時はオーガニックなものやフェアトレードされているものを意識してかっています。お家の庭でお母さんと10種類以上の野菜と果物を育てています。もちろん無農薬だし、CO2削減にも一役買っています◎

老後、自然に満ち満ちた場所でハンモックに乗りながら笑顔で死にたい!やってみたい事は世界一周旅行、スカイダイビング気球の旅!

大学生の今だからこそ今出来る事を全力で学び、体験し、吸収し、多くのの人と出会いたい!そして自分の可能性を信じてたくさん成長し人に気づきを与えられる人になりたい!!

原 啓祐(けーすけ)の写真
原 啓祐(けーすけ)

ボランティアケア

身の周りで増えている「エコ」という言葉をただ鵜呑みにするのではなく、それは本当に「エコ」なのか、なぜそれが「エコ」なのか、どういった点がどのくらい環境に良いのかをしっかり考えるようにしている。そうすることで自分自身の環境に対する考え方も広がると思うし、根拠を持って自分の意見を発信できるようになると思っている。

将来やってみたいこと:自分の好きなスポーツという世界で、ごみゼロで活動していることを活かせるような仕事がしたい。たくさんの人間が、その瞬間を同時に楽しんで、同時に感動できるような環境を創りたい。

絹川  杏子の写真
絹川 杏子(きょうこ)

ごみ・資源の分別ナビゲート

もう着なくなった洋服を知人にあげています。環境にもお財布にも優しく。

音楽、映画、テレビ業界をのぞいてみたい。漫画の編集者。海外にいったことがないので、学生の内にぜひ行きたい!

どんな年代の人とも平等に話せることがごみゼロでは当たり前で、これはとてもすごいことだと最近感じています。貴重な場を無駄にせず、自分の力にしていきたいです。

三代川 雄哉の写真
三代川 雄哉(ゆーや)

ごみ・資源の分別ナビゲート

友達の家でご飯を食べる際は割り箸や紙コップを使わない。周りの人が割り箸や紙皿、紙コップなどを買おうとしたら家にある食器を使うよう促す。自分はもちろんのこと、少しでも自分の身近な人の意識を変えていくことがエコにつながると思います。

気の合う仲間、大好きなスポーツと音楽に囲まれて楽しく暮らす!老後は若い頃の思い出話をつまみにしてお酒を飲んでいたいです!

鈴木 晴香の写真
鈴木 晴香(すずはる)

ボランティアケア、Dish Reuse System

人にも動物にも地球にも優しくて、安心して使える物を選ぶ。環境問題についての本を読むこと。(オーガニック、動物実験をしていない、古着、古本、作った人の顔が見える商品、フェアトレードetc)

ラジオパーソナリティ、世界のラジオ局巡り、アウシュヴィッツ強制収容所のボランティアガイド、名画座・舞台巡り

ごみゼロは私にとってとても大きな存在。様々な環境問題、社会問題について考えて、みんなが平等に意見を言って、学んで、行動できる素敵な場所。そんな環境で活動できることは本当に幸せなこと。感謝の気持ちと笑顔を忘れないようにしたい。

築島 瑠璃子の写真
築島 瑠璃子(るりこ)

ごみ・資源の分別ナビゲート、オリジナルごみ袋の配布、ごみ資源の計量

寮に住んでいるので、そこに置いてある共同ごみ箱にペットボトルキャップの箱を設置。自分が分別するだけでなく寮の同じフロアに住む40人に分別の呼びか。つまり、普段からナビ!?

人と人とを繋げるプラットフォームがつくりたい。「住居」という形に限らなくても、15人ぐらいが共同生活できるようなコレクティブハウスを建てたい。自分とは全く関係のなかった人々との暮らしから学ぶこと、得るものは大きいと感じています。寮生活万歳!




木村真理子の写真
木村 真理子(まりりん)

ケータイゴリラ、ボランティアケア、制作

本質は何かを考えて、選択する

受け身ではなく自分の頭で考え行動する人が多い社会を作る。自分の頭で考える力を生む教育を作る。あと、お金貯めてスェーデンに行ってみたい!

みおの写真
杉木美緒(みお)

ごみ資源分別ナビゲート

ごみの分別はもちろんのこと、タンブラーを持ち歩いてる! お金にも環境にも優しいタンブラーおすすめです〜       

まだちゃんと考えれてないけど、環境に特化しているところで働きたい!

キラキラしてるごみゼロのみんな最高!       

     
尾野村 嘉洋の写真
尾野村 嘉洋(まお)

ボランティアケア、ケータイゴリラ

NOペットボトル & NOレジ袋。MYタンブラーを持ち歩く。チャリ通学。服はRAGTAGで、古着を購入する。

中田英寿と一緒に仕事がしたい。もっと世界を知りたい。常に何かに熱中して、手を抜く事のカッコ悪さに気づいていられる人でありたい。

あおいの写真
堀内葵衣(あおい)

ecoアクションキャンペーン

マイボトルを日常でも持ち歩いてペットボトルを買わないようにしたり、家にいる時はできるだけたくさん電気を使わないように同じ部屋にいるようにしてます!       

町おこしをする仕事に就きたいです。自分の企画した行事などを通してその地域の人もそうじゃない人も楽しい!って言ってもらえるようなことがしたい!

本音で話すってすごく難しいし、こわくて今まであまりしてこなかったけれど、それができる仲間ができて本当に嬉しい。それと、本気で全力でキラキラしてるみんなを本当に尊敬してます!これからもよろしくね!       

     
だむの写真
梶原大夢(だむ)

ごみ・資源の分別ナビゲート

最低限度でしか、車を使わない。10km圏内だったら自転車で行く。ペットボトルは買わない。クーラーは使わない。       

人生で一度は、教育に関わる仕事をしたい。無駄をなくした、正しい努力をすれば、必ず成績が上がるような教育のシステムを作ってみたい。どんなに時間とお金がかかっても、単なる音楽好きによる、入場無料の音楽イベントを作りたい。

ごみゼロに入って、ごみゼロに限らず、いろんなことに挑戦したくなりました。こんなに自由な人だけどみんなよろしくお願いします。一度きりしかない人生を全力で楽しみましょう!       

     
いぶきの写真
福島いぶき(いぶき)

ボランティアケア

個人の日々の積み重ねがだいじですよね。私は以下のことを行っています。 タンブラー、マイバッグを使う。公共機関を利用する。ごみの分別。せっけんシャンプーを使う。洗剤もせっけんのものを使う。裏紙を使う。       

環境に配慮して働きたいです。木も農作物も動物も魚も、再生可能な資源であるので、適切に管理、コントロールすれば持続的に収穫できると考えます。資源のありがたみを感じながら、そんなところに関わることができる仕事をしたい。

ごみゼロのみんなはきらきらして見えます。それは楽しんでいて、活動に誇りを持っていて本気だから。私もみんなと成長していきたい! 困難なことは、仲間と乗り越えることができる。もっとチームを大切にしたいな。       

     
ころちゃんの写真
上良大地(ころちゃん)

ボランティアケア

大きめのカバンを使用して買い物の際に袋をもらわない、裏紙を捨てずにとっておきノート・メモに使う、印刷物は両面印刷にしたりプリンターにトナーセーブの設定を行う、ペン類はリフィルができるものを買う、 買い物はまず洋服なら古着屋,本なら古本屋に寄ってから探す。       

仕事でも趣味でも自分の気持ちや想いを込めた行動ができる人になること。そのために、周囲の為に自分のできる事ややりたい事を見極めて、芯を強く持ち続ける事が大切だと考えています。 (あとは、学生のうちに旅をして視野を広げたい…!)

普段の大学生活では得る事が出来なかった経験をごみゼロはたくさん与えてくれます。みんなとの出会いとお互いに刺激を与えられる場所に感謝しています。       

     
さとむの写真
室崎聡美(さとむ)

ecoアクションキャンペーン

自宅に居る時エアコンは一切使ってません。各部屋で電力を使わず、自然と家族が集まるようになりました。       

気球に乗ること。すきな音楽、本を集めた喫茶店を開くこと。

ごみゼロで活動を始めてから自分自身を見つめ直す時間が増えたし、色んな世代や背景を持つ人たちと、心を開いて話し合えるのが嬉しいです。ごみゼロで活動出来て良かったなと幸せに思います。 これからもよろしくお願いします!       

     
よこぴーの写真
横川洋明(よこぴー)

ごみ・資源の分別ナビゲート

モノを大切に長く使う。マイボトルを持ち歩いて、なるべくペットボトルの飲料等を買わない。自分で歩いたり、自転車で行けるところは、車などは使わない。       

航海士を目指しています。海が好きなので、海の上で働きたいというのがその理由となっています。また、海の綺麗なところに住んで、シュノーケルしたり、海を眺めたりして、暮らしていきたいと思っています。

ごみゼロで多くの気づきや得るものがありますが、コアスタッフの仲間がとても大事だと思っています。本気で係り合える仲間を大事にしていきたいです。       

     
せいかの写真
荒井西夏(せいか)

ボランティアケア

ペットボトル飲料は買わずにマイボトルを持ち歩くこと。お気に入りのマイボトルを持つことでわくわくした気持ちになれます。       

日本国内にある豊かな自然資源の中に秘められる力を知り、それをゆっくりと確実に人に伝えていくことで人々の日常を豊かにしていきたい。       

ごみゼロナビゲーションの活動を通して出会った人たちからは、本当に多くの刺激をもらっています。ここでの出会いに感謝して、 みなさんとさらに充実した活動ができるよう、自分自身がさらに成長できるようがんばっていきますので、どうぞよろしくお願いします。       

     

 

ページの上へ移動